大人用・高校生掲示板2

日本の憲法では名誉毀損(めいよきそん)という言葉がありますが、日本の刑法230条:①公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役もしくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

これは、「その事実の有無にかかわらず」とはある人の不名誉な事実を公表した場合、それが本当であっても嘘であっても名誉毀損は成立する、ということです。たとえば、あるラーメン屋さんのラーメンにゴキブリが入っていたと書き込みをすると、それが本当でも名誉毀損になるのでネット上に書くと上の刑法に当たるのです。つまり罰せられます。

テーマ:家族とのこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です